日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

山梨のさくらんぼ狩りの時期について

山梨県はさくらんぼの名産地として有名ですが、その他にも日照時間が日本で一番であり、寒暖の差が大きいことでも知られています。そして、ちょうどその二つの要素は、「果物の宝石」と呼ばれるさくらんぼが美味しく育つために必要なことです。寒暖の差はさくらんぼの甘さを増し、十分な日照時間により美味しく成熟されていきます。ですが、さくらんぼの旬はとても短いものです。山梨の美味しいさくらんぼを狩りに行くならば、いつ頃が良いのでしょうか?品種ごとに簡単にまとめてみました。

豊錦

さくらんぼの中でも稀少品種に分類される豊錦(ゆたかにしき)は、山梨県で偶然生まれた早生種です。豊錦は色も鮮やかに果肉は柔らかで、酸味も少なく甘さを感じやすい美味しいさくらんぼですが、収穫時期は早生種のため早く、「5月下旬から6月上旬」までと短い期間になります。熟された果実は有名な佐藤錦にも負けない味ですので、豊錦を楽しむには、その短い期間に山梨へとさくらんぼ狩りに行くことをお勧めします。

佐藤錦

日本のさくらんぼで一番有名なのが佐藤錦(さとうにしき)です。生産量も最多であり、日本を代表するこのさくらんぼの特徴は、何といっても甘さと果汁の多さがあげられます。山梨での収穫時期は「6月上旬から6月下旬」となり、ほぼ6月一杯楽しむことができます。

高砂

高砂(たかさご)はアメリカ原産のさくらんぼで、元はロックポートピカローという名前でした。特徴としては果汁が多く、酸味と甘さがほどよい人気種であり、佐藤錦よりも好みという人も多いことでしょう。山梨での収穫時期は「6月上旬から6月中旬」になります。

紅秀峰

紅秀峰(べにしゅうほう)は、佐藤錦と天香錦というさくらんぼの交配により生まれたさくらんぼです。佐藤錦よりも大きく赤いのが特徴で、高い糖度により甘いさくらんぼとしても有名です。山梨での収穫時期は「6月中旬から6月下旬」までとなり、晩生種のさくらんぼになります。
さくらんぼの旬は短く、山梨でも5月の下旬から6月の下旬の約一月の期間となります。さくらんぼは傷みが早く、冷蔵庫で保存したとしても1日で味が落ちてしまう場合もありますので、摘みたての美味しさくらんぼを食べに、ぜひ山梨にさくらんぼ狩りに行ってみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます