日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の幹事の役割とは

人生の中でも特に大きなイベントの1つである、結婚式。
式はもちろんですが、その後に行われる二次会も、とてもいい思い出になります。

もし、あなたが結婚式の二次会の幹事となった場合には、以下のことに注意してください。

幹事の役割

結婚式の二次会の幹事は、1~4名で担当するのが一般的です。
しかし、二次会の当日はいろいろと仕事があるため、ゲストの方に手伝ってもらうことも多いです。

当日、幹事がするべき役割は、「司会」「受付」というのが主です。
他に会の様子を撮影する人や、音響や証明を担当する人、荷物を管理するクローク役などが必要になってきます。

事前準備

二次会を成功させるには、事前の準備が重要です。
まず必要となるのが、出席者リストです。当日、集金をする予定ならば、その名簿も作成しておく必要があります。

また、いろいろな予算を管理する会計役もいた方がいいです。
余興やゲームでつかうグッズなどを購入した場合には、しっかりと領収書を残しておきましょう。

当日の司会

二次会当日の司会は、新郎側から男性の友人1名、新婦側から女性の友人1名を選出し、行うことが多いです。

司会によって会がスムーズに進行できるかどうかが大きく左右されるので、人前で話すことに慣れている人に任せましょう。

まとめ

事前準備から当日の進行まで、結婚式二次会の幹事の仕事内容は多岐にわたります。
当日、幹事とあまり面識がない人に協力を依頼する場合は、新郎新婦側から頼んでもらうのが無難です。

しっかりと準備して、すてきな二次会にしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます