日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月といえばあの童謡

日本人ならつい口ずさんでしまう童謡といえば「お正月」。年明けのお店にも必ず流れていますよね。
懐かしい日本のお正月の風景が歌詞になり日本人に親しまれている童謡「お正月」の豆知識をご紹介します。

童謡「お正月」はいつ誕生?

童謡「お正月」は、明治34年に共益商社書店から「幼稚園唱歌」にて発表されました。作詞は、口語での童謡を作詞した人として知られる童謡作詞家・東くめさん、作曲は「荒城の月」の作曲で有名な瀧廉太郎さんです。平成19年には「日本の歌百選」に選ばれた童謡の名曲ですね。

お正月を待ち焦がれる歌詞

「早く来い来いお正月」が印象的な歌詞。子供たちが待ち焦がれる気持ちが伝わってきます。実は、この童謡の歌詞の1番と2番は、1番に凧とコマ、2番はまりと追羽根が出てきて、男の子向けと女の子向けの内容になっています。一度、じっくり歌詞を読んでみると面白い発見がありますよ。

お正月に演奏してみては?

日本の懐かしさが詰まったCD童謡集の中に必ずあるのが「お正月」。ネット通販でもたくさん販売されています。中には、動画で演奏を披露したり、楽譜も手に入れることができます。お孫さんが、おじいちゃんやおばあちゃんの前で練習した「お正月」を披露してみてはいかがでしょう。懐かしい童謡で、お年玉もアップするかもしれませんよ。

伝統のお正月を伝える童謡

日本の懐かしいお正月を歌で伝える童謡。「お正月」以外にも「1月1日」や干支をうたった童謡もあります。いろいろ探して、古き良きお正月の雰囲気に浸るのもおすすめです。

https://www.youtube.com/watch?v=vN0Cz-P3Cqg

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます