日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月にかかせないお酒

お正月の三が日は、普段はなかなか会えない親戚や旧友との親交を深める時期。おめでたいお正月にはお酒がつきものです。お正月ならではのお酒について、豆知識をご紹介します。

お正月のお酒といえば「お屠蘇」

お正月元旦には、お雑煮を前に、まずは「お屠蘇」(おとそ)で新年のご挨拶をする、という昔ながらの習慣があります。お屠蘇の漢字の意味は、「邪気」をほふり(屠り)、魂を蘇らせ無病長寿を祈る、という願いが込められています。発祥の地は中国で、平安時代に日本に伝わり、江戸時代に広く一般的になったといわれています

お酒「お屠蘇」のいただき方

「お屠蘇」はお酒やみりんで5~10種類ほどの生薬を浸け込んだ「薬草酒」といわれています。調合された生薬を大晦日の晩に吊るしておき、お正月元旦の早朝に取り出して、お酒やみりんに浸します。神棚や仏壇などで拝んだ後に、家族そろって新年のご挨拶をしていただきます。お正月の時期には市販でも沢山販売されていますよ。

金箔入りのお酒はいかがでしょう。

新潟の越の誉や石川の「金花の舞」など、有名なお酒にもお正月用として金箔入りのものが多く発売されます。グラスにきらめく金箔の輝きで、お正月気分もいっそう盛り上がります。お値段も千円台でありますから、普段の節約から少しだけ贅沢して金箔いりのお酒でおせちを味わってはいかがでしょうか。

酒を酌み交わしてお正月のお祝い

昼間からお酒を飲んでも怒られない、酒豪にとっては最高のお正月。でもせっかく飲むのなら、お正月ならではのお酒を楽しんで、新年をお祝いされてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます