日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月の旦那の実家でのマナーとは?

お正月、妻にとって一番のイベントといえば、旦那の実家への帰省ですね。実際に旦那さんの家族や親戚に会うときにマナーが悪ければ、台無しなんてことも。そこで、お正月帰省した時の旦那の実家でのマナーをおさらいしておきましょう。

手土産は必ず持っていきましょう!

姑さんから「別にいいよ」なんて言われても、必ず旦那の実家へは手土産を持参しましょう。お姑さんの好きなものや菓子折り、佃煮詰合せもいいでしょう。さらに、お正月に親戚一同が集まるなら、その分も合わせて買っておくと好印象です。気が利くお嫁さんと思われます。

お手伝いは率先してやりましょう!

「何もしなくていいからゆっくりしてね」と言われても、間に受けて何もしないでは評価は下がってしまいます。ましてやあとで「あの子何もしないのね」と陰口を言われかねません。なので、旦那の実家では率先してお手伝いをしましょう。逆にこちらから「何もしなくていいですよ」と言ってあげるくらいの気持ちが必要です。

小言や嫌味はスルーしましょう!

お正月といえば、みんな集まって気が緩むものです。今まで言わなかった小言や嫌味が出てきます。しかし、それに乗ってしまっては相手の思う壺です。そこはスルーする技術を身につけましょう。逆に「あなた、どう思う?」と旦那に振るといいでしょう。基本、お正月、旦那さんは何もしませんので、こういう時は働いてもらいましょう。

憂鬱なお正月にしないためにも…

妻にとっては悩みの種で憂鬱になってしまいます。しかしながら、一つ一つ対策を打っておけば、その場のストレスは半減します。お正月の印象はその一年を占う大事な場面です。しっかりと対策をした上で、いい妻を演じましょう。そして、そのあと旦那にぶつけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます