日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月のおせちの縁起物食材!

お正月に食べるものといえば、おせち料理です。そこにはたくさんの食材が入っていますが、これは縁起物としての意味合いが一つ一つにあるのです。そこで、お正月の縁起物、おせちについて勉強しましょう。

まずは魚介類系統から

魚介類でのお正月の縁起物といえば…車海老は腰が曲がるほど長生きできるようにと願うものです。数の子は数多くの子供が生まれると子孫繁栄のため。帆立貝は、帆を立てるということで、将来に満ち溢れているということを指します。

野菜系統ではこちらが定番!

野菜類でのお正月の縁起物といえば…長芋や牛蒡は丈が長いので、長生きするようにと願いが込められています。また定番ではくわいですが、先端に芽が出ているということで「めでたい」を意味します。黒豆は今年は豆に働けますようにと願いが込められています。

定番の食材にもこんな願掛けが…

他にも、栗きんとんは金運に恵まれるようにという意味で。なますはこの一年清らかな生活が営めますようにと。昆布巻きは「よろこんぶ」でその喜びで人を巻き込めるように願いを込められてものです。

おせち料理は縁起物の宝箱!

一年の始まりに食べるものおせち料理。この中には先人が考え、願いが込められて、縁起物がたくさん詰まったものに仕上がっています。良き日本の伝統であり、先祖代々続いていることこそが、縁起のいいことを象徴しています。今年一年占う意味でも、おせち料理はしっかりと食べましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます