日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月の料理の盛り付け方って?

お正月と言えばおせちですが、その盛り付け方に作法などはあるのでしょうか?お正月のおせち料理やその他の料理の盛り付け方について決まりや作法などを見ていきましょう。

おせちの基本は縁起の良い数字にならう

お正月のおせち料理は縁起物ですから、盛り付け以前のお重の数から重要になります。まず、お重は縁起の悪い偶数を嫌います。盛り付け内容でも偶数を避けます。そのためお重の数は3段が一般的(5段が正式)になっています。その内容は一段目に祝い肴・口取り、二段目に焼き物・酢の物、三段目に煮物というのが習わしです。それぞれの品目が偶数にならないようにいれますが、なりそうだったら飾りとして入れるあしらい(南天や裏白など)で偶数にすることもできますよ。

おせちの伝統的な盛り付け方

お正月のおせちを盛り付ける際にはいくつかの伝統的な盛り付け方があります。まずは「市松」、市松模様のように9種類のおせち料理をしきりのなかできれいに盛り付けていくやり方です。「枡かけ(ますかけ)」はお重を斜めに使い料理を艶やかに魅せます。鯛などを盛り付ける時などに使われます。真ん中をひし形に使い、重箱の四方をしきるのは「隅取り」です。真ん中に一品どどんと盛り付け、周囲に開いていくように盛り付けるのは「七宝」と呼ばれる盛り付け方で、放射型に盛り付けるやり方が縁起が良いとされています。「段取り」はお重を横に3~5段に分けるやり方でこちらもよく使われるやり方です。

なぜ偶数を嫌うのかはご存知ですか?

なぜ奇数ではよくて偶数ではだめなのか?についてですが、こちらは2はにくむにイメージがつながり、4はし、死にイメージがつながるという日本人のゲンを担ぐ精神に基づいているからです。割り切ったり、別れるイメージにつながるものとしては結婚式にも偶数のご祝儀も避けられますよね。

家族や親せきの一年の健康と幸運を祈って

一年の初めの料理であるおせち料理はその年の一年への思いがこもった料理になります。歳神様に祈りを込めつつ食べればきっと幸運を運んできてくれるでしょう。あなたも飽きたなんて言わずに、おせち料理を作ってみてはいかがですか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます