日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

この時期のカラオケにオススメの曲「ヴォイス」

80年から90年代に生まれた方なら、きっとご存知であろう「ポルノグラフィティ」の「ヴォイス」。アップテンポの曲だけじゃなく、バラードも素晴らしいポルノの魅力を紹介したいと思います。

ヴォイスは初の海外レコーディング

この「ヴォイス」、ポルノグラフィティの7作目のシングルとして大ヒットしました。この曲は、ポルノにとって初の海外レコーディングが行われ、この「ヴォイス」からメンバーの名義も変更されました。「ハルイチ」と「アキヒト」は”漢字”に、「シラタマ」は”Tama”となっています。

ポルノファンならカラオケで鉄板

そもそも、ポルノグラフィティの楽曲はメッセージ性が非常に強く、ファンの間でもハルイチを”詩人”と呼ぶほどです。この曲もメッセージ性が強く、初めて聞いた曲なのに”懐かしさと暖かさがある”と、ファンの間でも高評価されています。

カラオケで上手に歌うために!

やはりこの楽曲は、しんみりとした優しいバラードです。感情をしっかりと入れて歌ったほうが、歌っていても気持ちいいですし、聴いている方も心に届きます。そもそもポルノはスメソングが多いので、一度だけではなく何度もじっくりと聴いてみてください。

ヴォイスのカップリング曲も鉄板

カップリングの「Swing」は「アキヒト」が作っており、”アキヒトソング”が好きな人にとっては王道曲であり、好きになること間違いなしの曲となっております。このカップリングもカラオケで配信されていますので、是非こちらの曲も聴いてカラオケで歌ってみてください!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます