日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

足利のイルミネーションなら あしかがフラワーパークが鉄板

冬といえば、イルミネーションの季節ですね。きらきら輝く電球の灯りに照らされて、冬の夜の寒さも忘れてしまいましょう! 今回は、2014年度全国イルミネーションランキング・イルミネーション部門1位を獲得した、あしかがフラワーパーク『光の花の庭』をご紹介します。

あしかがフラワーパーク

栃木県足利市に所在する、花のテーマパーク、あしかがフラワーパーク。目玉であるフジは栃木県天然記念物に指定され、4月から5月の見頃には藤まつりが開催されライトアップが楽しめます。
そんなフラワーパークの冬の顔が、イルミネーションの一大スポット。250万球のイルミネーションを使い、壮大な演出を行っています。夜景観光コンベンション・ビューローが認定する「関東三大イルミネーション」にも、東京ドイツ村、江の島『湘南の宝石』とともに選ばれました。日本夜景遺産にも指定されています。

必見、光の花の庭

『光の花の庭』は、三つの期間に分かれています。10月下旬から11月中旬の、光と花のコラボレーション、11月下旬から12月下旬の、クリスマスファンタジー、元旦から2月初旬のニューイヤーイルミネーションです。点灯時間は16:30から21:00、土日祝は21:30までとなっています。
水面を利用した『みんなの地球』、満開の藤を模した『奇跡の大藤』など、此処でしか見られない個性豊かなイルミネーションは圧巻です。2014年度には、世界初の有機ELパネルを用いたイルミネーションも登場。羽ばたく鳥を演出します。

アクセス

公共交通では、JR両毛線・富田駅より徒歩約13分。東武伊勢崎線・足利市駅よりシャトルバス約30分。
自動車でのアクセスは、東北自動車道・佐野藤岡ICより約18分。北関東自動車道・太田桐生ICより約20分、足利ICより約15分、佐野田沼ICより約12分です。

どうせイルミネーション鑑賞に行くなら、見逃せない「関東三大イルミネーション」。皆さんもあしかがフラワーパークの大迫力のイルミネーションを是非体験してみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます