日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ仲間と顔文字で会話しよう!

最近では学生がゴルフをしていることが多くなってきました。そこで、彼らはメールやラインでゴルフの会話をするときに顔文字を使っているのです。ただ単なる顔文字ではなく、ゴルフの顔文字があるのです!それを少しご紹介いたします。

どんな時に使うのだろうか?

顔文字はメールやラインで送り合うものです。ゴルフを練習していたりすると場面場面で使い分けている子が多いそうです。シチュエーションに分けて使う事によって、その時の状態や気分なども言い換えるみたいです。ゴルフの顔文字って一体どんなのでしょうか?

調子がいい時に使うのは?

ゴルフの練習やコースに出た時に調子が良かったり、打った時の感触で一番いい時などは「ゴルフ ( ・・)_/ゞ ~゚ (「゚ー゚) オッ! ノッタ!! ( ・ P 」と、グリーンにオンしたものを送ります。また、日常生活でも調子が良かったという表現の言い換えで用いることがしばしばあります。

調子が悪い、ダメな時には?

練習とはいえ、やっぱり不調な時もあるはずです。そんな時には池ぽちゃを連想する顔文字で「ゴルフ ( ・・)_/ゞ ~゚ (;「゚0゚) ゲッ! ポチャン ○o。. P」を送ります。そして、元気がないときや体の不調なんかもこれを代用します。

ゴルフをする若い子の常識

やはり学生は、ゴルフをしている中でも顔文字を使いこなせる技術を持っています。それによって、自分の体調や表情までも代用して表現してしまう能力は素晴らしいと思います。年を取るとこういうのに疎くなってしまいがちですが、知ることによって若く見られるかもしれませんよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます