日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

皆さんご存知ですか?お正月料理のいわれ

正月料理には、さまざまな意味が込められていることをご存知ですか?
有名なものからあまり知られていないものまで、まとめてみました。
いわれを知って口にした方が、よりお正月らしさを感じることができますよ。

かまぼこ

紅白は紅白もちなどでも知られるように、祝いの色とされています。
紅白のうち、「紅」はめでたさと慶びを、「白」は神聖を表しているといわれています。
また、かまぼこはその形から「日の出」を象徴するものともされているので、元旦には欠かせない一品ですね。

栗きんとん

栗きんとんはその見た目から、黄金に輝く財宝にたとえられ、豊かな一年を願う料理とされています。
また、日本全国どこにでもある栗は、山の幸の代表格であるだけでなく、「勝ち栗」といって縁起が良いといわれています。

その他

その他の正月料理のいわれを簡単にご説明します。
まずえびは長いひげを生やし、腰が曲がるまで長生きすることを願って、正月料理に用いられます。
黒豆は「まめに働けますように」の語呂合わせとしての意味があります。
昆布巻きには「喜ぶ」がかけてあり、正月料理だけでなく、正月飾りにも用いられ、一家の発展を願うものです。
そして数の子はニシンの卵であることから、「二親(ニシン)」から多くの子が出るのでめでたいと、子宝と子孫繁栄を願って使われてきました。
また、ごぼうには「細く長く幸せに」という意味が込められており、正月料理によくみられるたたきごぼうは、その身を開くということから「開運」の縁起も担いでいます。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます