日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初心者は知っておきたい!フットサルのポジションまとめ

皆さんはフットサルのポジションってご存知ですか。初心者の人にはサッカーと同じと思うかもしれませんが、実際はサッカーとは名前が違うのです。
では、フットサルにはどのようなポジションがあるのでしょうか。

ゴレイロ、フィクソはディフェンス

ゴレイロはサッカーで例えると「ゴールキーパー」、フィクソは「ディフェンダー」にあたるポジションで、いずれもディフェンスの選手になります。ゴレイロは近距離からの強力シュートを防げる反射神経、フィクソはディフェンスに加えてパス攻撃の起点になることもが求められます。

攻守のバランサー役「アラ」

「アラ」はサッカーでいう「ミッドフィルダー」のポジションにあたります。
守備に回ることもあればゴール前で得点を狙うこともあるオールラウンダーで、状況判断力が重要となります。フィールド上で最も多くボールをさばく攻守のバランサー役です。

チームの点取り屋「ピヴォ」

「ピヴォ」はサッカーでいう「フォワード」。チームの点取り屋であり、ボールへの嗅覚など確実にゴールを決められる得点感覚が必須のポジションです。それ以外では相手ディフェンスを背負ってボールをキープし、攻撃リズムを作り出すことも大きな役割です。

ポジションの役割はサッカーと似ている

フットサルのポジションをサッカーのポジションに例えていくと、共通する点はいくつかあります。ルールに関しては違いがある2種目ですが、ポジションを覚える際はサッカーに例えて覚えていくのも良いのではないでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます