日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ラグビーのスクラムは試合を制するのか?

ラグビーの試合で重要なプレイは何でしょうか?ラインアウトも大事だし、キックプレイも大事ですね。だけどそれ以上にラグビーでのスクラムが一番大事かもしれません。そのスクラムについて考えてみましょう!

ラグビーのスクラムにはどんな時に組むの?

ラグビーのスクラムはボールを落としたり(ノックオン)スローフォワード(前にボールをパスする事)したり軽い反則の時や、未収下プレイでボールが出ないときに組むのがスクラムです。スクラムは基本8人で組みます。ラグビーの試合で最初のスクラムが重要視されるのはスクラムで押す展開だと後の試合の展開がスムーズに流れるから重要視されるのです。

スクラムが大事なのは?

スクラムが押されると展開が有利に運べなくなります。押されているスクラムでは3列で支えるから機動力が落ちます。また1列2列目のサポートも遅れ前へとボールが運びにくくなるのです。スクラムが押されるとFWは精神的にも肉体的にも疲れます。

スクラムの組み方のかけ声は?

①クラウチで腰を落としてクラウチングスタイルになります。②タッチでスクラム1列目外側のプロップが相手に触れます③ポーズで触れた手をいったん離して静止します④エンゲージの声とともにお互いがスクラムを組みます。

スクラムもバックスの位置も大事!

FWがスクラムで圧力を掛けバックスが動きやすいようにしてボールを展開します。8人のスクラムとバックスの展開力がラグビーの魅力となります。だからスクラムもラグビーでは大事なプレイなのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます