日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーのテクニック「ターン」

スキーの基本的なテクニックにパラレルターンがあります。このパラレルターンの理屈や苦手な人のためのトレーニング方法などを紹介します。パラレルターンの習得はスキー上達の一歩です。

ターンをする意味を知っていますか

スキーの上級者の方はみなジグザグに滑りますよね。これには実はちゃんとした意味があるんです。スキーをするさいにジグザグではなく直線で降りるとどうなるのでしょうか。答えは簡単です。スピードが出すぎて制御不能になります。事故の可能性もぐんと上がってしまいます。それを防ぐためにジグザグに滑ってブレーキをかける必要があるので、スキーをする際にターンは必須のテクニックになります。

初心者がつまづいてしまうターンの難しさ

スキーを始める際に、多くの初心者の方がつまずいてしまうのがターンの習得です。ターンは体重の移動や体の重心の置き方、力加減など色んな技術を高度に要するテクニックです。始めからそれら全てを完璧にこなせる人はほとんどいません。しかし、ターンはスキーの必須テクニックなので誰しもが通らないといけない関門でもあります。

ターンをする際のコツをご紹介

いくら練習しても一向にターンがうまくならない方も多いと思います。やみくもに挑戦しても、どうしても恐怖心で体が固まってしまったりしてうまく練習にならないことが多いです。なのでターンを習得する際のコツをご紹介したいと思います。コツは2つあります。一つは恐怖心を克服することです。ターンや転ぶことを恐れていると体がターンをする体勢ではなく、転んでも怪我をしないように身を固める体勢になってしまいます。なので、恐怖心を克服して、ターンをするときの適切な体勢を体で覚える必要があります。その次のコツとして両足の板の距離感です。ターンをする際は両足の板の距離感が狭い方がうまくいきます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます