日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドアでコーヒーを飲む

アウトドアでコーヒーを飲む人が多いですよね。自然を満喫しながら飲むコーヒーは格別です。アウトドアでのコーヒーの楽しみかたなどを紹介します。コーヒーを作って飲んでみましょう。

暖かいコーヒーを飲みましょう

夜空の下で、コーヒーを飲んだことはありますか?新と静まった夜の森、友達と談笑しながらコーヒーを飲む。少し気取ったキャンプの楽しみ方かもしれませんが、このときに味わうコーヒーの味というのはインスタントコーヒーでも豆から引いたコーヒーに劣らぬ味を醸し出してくれます。コーヒーは、疲れたときに飲む飲み物としては、実に役に立ってくれます。含まれたカフェインにより頭はさえ、熱く淹れる事により、寒い体を暖めることが出来ます。そんなコーヒーを、どうせ飲むならもっと良い飲み方で飲んでみましょう。

自分で挽いた豆で飲む

キャンプの楽しみ方としてコーヒーを飲むというものがありますが、どうせなら自分で豆を挽いてコーヒーを飲んでみるのはいかがでしょうか。もちろん、手間はインスタントコーヒーの比ではありません。豆を挽き、湯を沸かし、ゆっくりとドリップする。際syのうちは「何でこんなことをやっているんだ」と思うかもしれません。しかし、出来上がったコーヒーを一口飲むと、その苦労がうそのように報われます。この喜びは、慣れてしまっては味わうことの出来ない感動であり、アウトドア初心者であればあるほど感じる喜びは大きくなっていきます。

インスタントも悪くないです

インスタントコーヒーを飲むというのも、もちろん悪いことではありません。なぜなら、インスタントコーヒーは失敗する要素がほとんど無いため、ほぼ確実に成功するからです。また、商品によっては砂糖が混ざっていることもあるので、小分けされたインスタントコーヒーの小袋一つとお湯さえあれば、いつでも美味しいコーヒーが飲めます。無駄な荷物を持つのがいやだというのであれば、インスタントコーヒーをいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます