日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの名言画像を見よう

バスケを題材にした漫画の中には名言がたくさんありますよね。その画像を無料でダウンロードできます。名言の画像を見てバスケに対するモチベーションを上げましょう。あきらめたらそこで試合終了ですよ。

漫画はバスケの火付け役

バスケットボールはかつてあまり人気の高いスポーツではありませんでした。しかし井上雄彦原作「スラムダンク」の登場によりその人気は一気に激増。今や日本の人気スポーツの一つとなっています。そしてそのバスケ人気に浮上するかのように、スラムダンクのあとも「あひるの空」や「黒子のバスケ」といった名作が次々とうまれてきました。このスポーツと漫画の相乗効果にあやかって、今回はバスケットボールに関連した漫画の名言を紹介したいと思います。あなたもこれでバスケがしたく成るかも…?

スラムダンク伝説の名言

バスケットボール漫画において最も代表的な名言といえば、やはりスラムダンクの主人公桜木花道が通う湘北高校バスケ部の監督、安西先生の一言でしょう。体を怪我し、バスケを諦めかけていた転載プレイヤー三井に対してかけた「諦めたら、そこで試合終了ですよ」というセリフは漫画終了から数十年たった今でも伝説の名言として多くの人に知られています。老若男女問わず、このセリフに励まされた人は多いのではないでしょうか。

黒子のバスケ「僕は影だ」

かつての王道バスケットボール漫画がスラムダンクとするならば、新世代王道バスケットボールと呼ぶべきなのがこの「黒子のバスケ」でしょう。身体的能力は最低レベルしか持ち合わせていないにもかかわらず、影の薄さという特殊な能力を武器に強豪校のライバルチームと戦う黒子の姿には自分の可能性を問いかけられましたよね。「僕は影だ」の名言には多くの人が心を震わされたはずです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます