日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードのダブルキャンバー

スノーボードにはダブルキャンバーと呼ばれる形状のものがあります。このダブルキャンバーはどのような特徴があるのでしょうか。自分にあったスノーボードを探している人は参考にしてみてください。

ボードの形状について

スノーボードは、みんなただの一つの板だと思っていませんか?もちろんそんなことはありません。ただの板ではなく、様々な工夫が凝らされてあり、曲がりやすいものだったり、スピードを付けやすかったりと、ボードの先端や側面の形を変えるだけでも、相当違ってくるのです。そして、ボードの形によって、様々な呼び名の形状があるのです。ここでは、そんな形状についてお話しましょう。

キャンバー2つで、ダブルキャンバー

ダブルキャンバーについて紹介しましょう。ダブルキャンバーとは、名前のとおりキャンバーが2つある状態のボードのことであり、真横から板を見ると2つの反りがあるのが特徴です。この反りがいわゆるキャンバーなんですね。そして、それによりどんな効果が有るのかというと、ボードの動かしやすいというところが挙げられます。キャンバーが一つあるキャンバーボードではパウダスノーの上では浮きにくかったのですが、それを改善することで浮きやすくなり、動かしやすさが段違いに向上したのがダブルキャンバーです。

キャンバーなしのゼロキャンバー

キャンバー、つまり反りがないゼロキャンバーというのも最近注目されています。これは、ピタッと地面とボードをくっつけることにより、安定した運転性を出すことができるものであり、スピンなどもしやすくなります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます