日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クリスマスの木といえば?

クリスマスで木というとクリスマスツリーですよね。このツリーに使用される木の由良を知っていますか。クリスマスと木の豆知識を紹介します。意外と知られていませんよね。

クリスマスツリーあれこれ

クリスマスにつかう木と言えば、もみの木です。しかし、なぜもみの木なのかはご存知でしょうか。その理由は、もみの木と言われるクリスマスキャロルが由来しています。つまり、クリスマスの歌に出てくる木がもみの木なのでクリスマスツリーにはもみの木が使われているということなんですね。もし、これが松なら、クリスマスツリーはもう少し違った様相になっていたかもしれません。

クリスマスツリーは知恵の象徴

クリスマスでは当たり前のようにあるクリスマスツリー。これはいったい何を意味しているのか。実はこれは神話に出てくる「知恵の樹」を象徴しているものなのです。また、知恵の樹は本来りんごの樹とされていたのですが、クリスマスで劇を行う際、りんごの樹は枯れてしまっているため、常緑樹であるもみの樹を代用したとも言われています。もしクリスマスがもっと暖かい時期なら、恐らくりんごの樹だったのでしょうね。

オーメント(飾りつけ)について

クリスマスツリーといえば、オーメント(飾りつけ)です。しかし、これらにはいったいどういう意味があるのか、特にあの星には何の意味があるのかご存知でしょうか?あの星は、ベツヘレムという星です。ベツヘレムの星は、東方の三賢者にキリストの誕生を知らせる役目を果たしており、木の上に星を飾ることで、キリスト誕生を祝っているのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます