日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの悩み「飛ばない」

ゴルフをはじめたばかりの人の定番の悩みといえばボール飛ばないですよね。距離もあいりますが、真っ直ぐ飛ばないことが多いのではないでしょうか。ゴルフの「飛ばない」を解決します。

ゴルフをする上での悩みの一つ

思ったようなショットができなかったため、ボールが余り飛ばなくて苦い経験をされた方が少なくないでしょう。ボールが飛ばない悩みは、ゴルフをしている方ならば誰しも直面する問題なのかもしれません。ゴルフは体調だけではなくて天候にも左右されるスポーツなので、複合的な要因が重なってボールが飛ばなくなるのは往々にしてあることです。

ボールが飛ばない原因で考えられること

スイングがしっかりできているにもかかわらず、何故ボールが飛ばないのか不思議に感じた方が結構いらっしゃるかと思います。この原因の考えられることとして挙げられるのは、ショットを打った後に手首が返ってないことです。ゴルフボールをできるだけ遠くに飛ばすためには、手首の力も不可欠なようですね。つまり、インパクト後に左手が上になったままの状態を矯正する必要があります。

リストワークに重きを置いた練習法

ゴルフでボールの飛距離を伸ばすには、椅子に座った状態で、球を掴まえる感覚を養うリストワークが効果的です。この練習でボールが掴まる感覚を得た後にボディーターンに結びつけることで、ヘッドスピードが上がるのだそう。椅子に座った状態で、通常の6~7割程度の飛距離が出せるようになるのが目安であります。これが実現すれば、ボールが飛ばない問題点が払拭されるはずです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます