日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフスイングのタメ

ゴルフスイングのテクニックにタメというものがあります。このタメがあることによって飛距離のある力強いスイングをすることができるのです。ゴルフ初心者の人は覚えておきましょう。

タメのあるスイングをするために

ゴルフではタメと呼ばれる技術がありまして、タメのあるスイングをすることで、力強いショットが期待できるみたいです。ではどんなタメ方をすればいいのか?という疑問に迫ってみたいと思います。右手首のタメをキープするのがポイントだそうでして、スイングするときに右肘を曲がったままにするのが良いようです。もし右肘が伸び切ったままだと、手首のコックがすぐに解けてしまいます。

ピッチャーのようなイメージで

タメのあるスイングをする際に、さながらピッチャーのような動作がするのがポイントです。ピッチャーがボールを投げたときに初めて肘が伸び切るのと同じようにして、ゴルフでスイングをするときにインパクトの後に肘が伸び切るのが理想的であります。やはりスイングのときに肘を曲げるのが大きなウェイトを占めていて、スイングで肘を曲げる癖を付けることが重要です。

タメを活かすための練習法

ゴルフで右肘が曲がったままの状態でスイングするために必要なとっておきの練習方法を紹介します。それは左手で右肘を掴んだ後に、トップからダウンスイングに掛けて、左手で右肘を引っ張り続けるというもの。この動作を続けるのが効果的だと言われているようです。スイングの仕方が気になる方は、この練習で右肘が伸びてしまう癖を矯正して、ゴルフの上達に邁進してください。いかにタメを有効活用できるかが鍵を握っています。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます