日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフはメンタルスポーツ

ゴルフは相手とスコアを競い合うスポーツですが、自分との戦いでもあります。故にメンタル面が大きくスコアに影響します。18ホール安定したメンタルを継続したゴルフができるればゲームを制することができます。

プレッシャーはプレイの障害だからこそ

私は、ゴルフプレイヤーがショットを打つときにかなりの集中力が必要とするのでしょうし、多くのゴルフプレイヤーは、メンタル面の強化も欠かさず行っているのだろうと思うのです。プレッシャーを感じてしまうと、どうしても思った通りのショットができなくて苦い思いをされた方が少なくないでしょう。では、どうすればプレッシャーに負けないメンタルにすることができるのか説明していきます。

効果的なプレッシャーの対処法

ゴルフのプレッシャーに打ち勝つ方法として、あるプロゴルファーはもう一人の自分を連れているそうです。ショットなどで緊張する場面を迎えたときに、もう一人の自分が、メンタルが弱くなった自分へと叱咤激励しているとのこと。客観的に自分自身を見つめることにより、プレッシャーから抜け出すのに一役買っているのだそう。私は、そのプロゴルファーがさながら別人格を作ることで、自分自身を守っているかのような感じを受けましたね。

プレッシャーを感じないための考え方

ゴルフは競技時間が長いスポーツだと言われていて、いかに強いメンタルを長時間にわたって維持できるかが重要となります。しかし、ゴルフプレイヤーは、プレイ中に周りの視線が気になるなどの理由で、必要以上にプレッシャーを感じてしまうことが往々にしてあることでしょう。ミスショットをしたら自分の評価が落ちるなどの理由が原因のようです。とはいえ、ミスをして当然だという位の気持ちで構えることで、周りの人の評価が気にならなくなります。ゴルフは様々な要因が絡んでミスにつながるスポーツであるため、ミスをするのは致し方ないという考え方を持つことで、プレッシャーから来る精神的負担がある程度軽減されるそうです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます