日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフでボールが当たらない

ゴルフをはじめたばかりの人でボールが当たらないということありますよね。ボールは止まっているいるのになぜか当たらないですよね。ゴルフの不思議の一つです。当たるコツを紹介します。

ボールがクラブに当たるようにするために

ゴルフを始めたのはいいけれど、ボールが中々当たらなくてお困りな方が少なくないでしょう。そんな方にボールを上手く当てる方法を紹介します。まずは、腰から腰までのハーフスイングから始めるのが良いとのこと。確かに短い距離であれば当たる確率が高くなりますからね。ハーフスイングでインパクト精度を高めれば、ボールが当たらない苦い思いをしなくて済むようになることでしょう。

前傾姿勢がボールを当てるための鍵となり

ゴルフボールを当てるコツについてですが、スイング中に体を起こさないことにご注意ください。ショットを打つために構えた前傾姿勢をキープするような感じです。この点を意識してスイングすることで、ボールが当たらない問題が解決するかと思います。こうしたことから前傾姿勢を取ることの重要性がかなり高いのが頷けますね。

体のブレがクラブがボールに当たらない原因

ゴルフボールが当たらない要因は、スイングするときに上下ないし左右にブレてしまうためであります。左右にブレる場合の改善策は、体重を土踏まずに掛けることです。そして上下のブレに対しては、膝、背骨、股関節の角度の3点を固定することである程度の改善が見込めます。加えて頭を動かさないことも意識した上でスイングをすることで、クラブがボールに当たるようになるわけです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます