日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーの用語をご紹介

特にスキー初心者の人はスキー用語を覚えておくと、スクールなどで指導を受けるときに早く理解を深めることができます。スキー道具の用語を知っておくと購入するときに役に立ちますね。

覚えておくと便利なスキー用語について

このアイコンに合わせてマウスをダブルクリックして・・・。この言葉の意味を理解できる人は多いですが、お年寄りにしたら何を言っているかわからない人も多いです。このように、専門用語というのはきちんと覚えているのといないのとでは、物事の理解が大きく異なります。これはパソコンだけでなく、スキーにも同じことがいえます。スキーの上達を目指しているのであれば、スキー用語はできるだけ覚えておきましょう。

スキーの滑り方の用語と意味

まずは、基本中の基本、スキーの滑り方の用語を簡単に紹介しましょう。まずは、ボーゲンから。ボーゲンとはドイツ語であり、ゆっくり滑るための姿勢の一つです。先端を閉じ、後ろを開く、いわゆるVの字の姿勢であり、速度を落とす時に用いられます。他にもスキーの板についている金具の部分をエッジと言ったり、固くなって凍っている斜面のことをアイスバーンと呼んだり、様々です。

話をきちんと聞くのが大事です

これらスキー用語は、キチンと覚えてないと行けないものが多いです。しかし、だからといってあらかじめ全部覚えておこうというのは、あまりお勧めできません。なぜなら、きちんと学び、習得していけば、こういったスキー用語は自ずと身についていくからです。逆に先に予め勉強して全部覚えても、実際にフレたり経験したりやってみないとわからないことも多いので、予習を全てすることが必ずしも良いというわけではありません。そのため、わからないことがあったら誰かに効くか、後で調べるといったほうが良いかもしれませんね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます