日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

さくらんぼ狩りを楽しもう

皆さんはさくらんぼ狩りに行ったことがありますか。さくらんぼ狩りはどこで開催されているのでしょうか。また、時期はいつごろなのか?などさくらんぼ狩りについて紹介します。

さくらんぼ狩のできるところ

さくらんぼは関西地方や大阪でも取れるところがありますが、気候的、商業的にたくさん取ることは難しいでのす。やはり、さくらんぼは中部地方の北部より北の地方ということになります。しかし、中部地方も商業的に栽培されているのは山梨県だけです。関東地方も商業的に栽培されているのは群馬県だけです。つまり、ほとんどは東北地方と北海道です。その東北地方も商業生産されていない県があります。青森県と宮城県です。ですから、この2県を除いた東北地方と山梨県、群馬県、北海道の栽培農家がさくらんぼ狩を楽しめるところということになります。

さくらんぼ狩のできる季節

ご存知かも知れませんが、さくらんぼは桜の花が散った後に出来る実です。ですから、さくらんぼの収穫期は桜前線の時期と比例しています。さて、さくらんぼの収穫期の一番遅いのは北海道で7月上旬から、8月の下旬です。しかし、さくらんぼは4月から8月が収穫期ですから、山梨県や群馬県などの早いところでは4月からさくらんぼ狩を楽しめます。

さくらんぼ狩の農園を探す

さくらんぼ狩の農園を探すなら、山形県が一番よさそうです。というのは、山形県のさくらんぼ生産量は全国一で、全国の収穫量の約90%を占めています。つまり、それだけ、さくらんぼ栽培農家が多いのです。さくらんぼの栽培農家が多ければ、そのなかに必ず、ペット入園可、弁当の持込可、バーべキュー設備あり、さくらんぼ食べ放題、またはさくらんぼの持ち帰り可、といったサービスを期待できます。この点をチェックしてから、さくらんぼ狩にいかれるとよいでしょう。でないとせっかくさくらんぼ狩に行っても、文字どうり、さくらんぼ狩だけでおわってしまってあまり面白くなかったという結果にもなります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます