日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

山梨のさくらんぼ狩り

さくらんぼ狩りといえば山形が定番と思われますが山梨も人気のスポットです。そんな山梨のさくらんぼ狩りを紹介します。開催されている時期なども合わせて紹介します。参考にしてみてください。

さくらんぼ狩 山梨県の時期

一番早い農園では4月下旬からさくらんぼ狩が始まります。遅い農園では6月の上旬から、さくらんぼ狩が始まります。早く終わる農園は6月の下旬にはさくらんぼ狩が終わります。また遅い農園でも7月の下旬までです。これは農園の位置にもよります。山梨県のような山国では標高差の低いところにある農園と、高いところにある農園とで、実のなる時期がずれるからです。もう一つの理由は、すべての品種が同じ時期に実るわけではありません。品種によって早く実るものと、遅く実るものとがあります。これがさくらんぼ狩の時期がずれる原因です。ところで4月下旬から始まるところはハウス栽培をしているところが多いようです。

農園の栽培品種と品種数など

すべての農園が同じさくらんぼの品種を栽培しているわけではありません。農園によって、違う種類のさくらんぼを栽培している場合も多いです。また、農園によっては4種類か5種類のさくらんぼを栽培している農園と、10種類ぐらいのさくらんぼを栽培している農園があります。そんなわけで4月下旬から、6月下旬まで2ヶ月ぐらい、あるいはそれ以上期間、さくらんぼ狩が出来る農園と、5月下旬から6月下旬まで、わずか1ヶ月間ぐらいしかさくらんぼ狩が出来ない農園があります。もちろん、さくらんぼは品種によって味などが微妙に違います。ですから、目的のさくらんぼに合わせて、時期とか農園を選ぶとよいでしょう。

さくらんぼ狩の料金とその他のサービス

さくらんぼ狩の料金は、農園が違ってもほとんど差はありません。大抵の農園は小学生以上、40分食べ放題で2000円となっています。たまには3000円の農園もありますが、その場合は、さくらんぼのお土産がついていたりします。また農園によっては個人の予約客向けに半額サービスを実施しているところもあります。そのような農園は一人で行くと、半額の1000円ぐらいでさくらんぼ狩が楽しめます。農園によっては、減農薬、有機肥料、ペットの入園可などのサービスを実施しているところもあります。また、さくらんぼ狩の期間中、無休の農園と、定休日を設けている農園があります。多くの農園は無休ですが。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます