日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードでボックスを使おう

スノーボードにはボックスを使ったジブトリックがいくつかあります。初めてボックスを使う人は真っ直ぐ入る練習からしましょう。スノーボードのボックスを紹介します。無理をして怪我をしないようにしましょう。

ジブをやる前に知っておきたいこと

スノーボードでジブトリックと呼ばれるものをする際には幾つか注意しておかなければならない点があります。まず一つ目はボードに傷がついてしまうということです。ジブは非常にボードが傷つきやすい種目なので、どんなに上手な人であっても非常にボードが傷つきます。ボードを傷つけたくない人はジブをやらない方がいいでしょう。二つ目は尖っているエッジは引っかかってしまうということです。エッジが尖っている状態だと、レールやボックスなどに引っ掛かってしまうので注意しましょう。

ボックスの後ろから降りてみる

ジブで何かしらのトリックをしてみる前に、まずはアイテムから降りられるように練習をしておきましょう。事前に降りる練習をしておくことによって、落ちそうになった時などでも落ち着いて降りることができます。ではボックスの降り方についてですが、まずはボックスの左側へ真っ直ぐアプローチしていきます。ボックスに差し掛かったら軽くオーリーをしてできるだけ優しくボックスに乗りましょう。乗ったら基本姿勢を取って、体重が偏らないようにスライドしつつ飛び降りて終了です。

知っておきたいジブの用語

ジブには専門の用語があるので、実際にジブをやってみる前にまず用語についても知っておきましょう。ジブの用語の中でも非常に多く使われるのがフロントサイド、バックサイドで、それぞれF/S、B/Sと略されます。フロントサイドは自分から見た前側、バックサイドは自分から見た後ろ側という意味で使われます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます