日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのスコア80台を目指す

ゴルフのスコアで80台を出すにはどうすればいいのでしょうか。この80台の壁はけっこう厚く、高くなっているようです。ゴルフをやっている人にとっては大きな目標の一つでもありますよね。

パーやボギーをきっちりと決める

一人ひとりの力で違いはでてきますが、飛距離が出る人ならロングホールでパーを狙っていくのがいいです。決めるべきところをきっちりと決めることができれば、80台半をいくことができます。フェアアウェイから120ヤードをグリーンに乗せれたり、3パットは1日に2回以内と決めるなどをすれば尚いいです。あとはパーやボギーをどこで決めればいいかを見極めて、ちゃんと決めることができれば、80台にいくことができます。

スイングの悪さに気づくこと

80をなかなか切ることのできないゴルファーには、「自分のスイングが悪い」と言う人はほとんどいません。ゴルフはメンタルが大事、グリーン周りが勝負という言葉はありますが、スイングに気を配ることはほとんどありません。正しいスイングをすることで技術にも磨きがかかりますし、なれたフォームを取れれば、自然と気持ちも落ち着きます。自分の行うスイングに気を使えば、実力がつくことは間違いないですよ。

安定したスイングを使う

ショットすべてを最速のスピードでクラブフェースの芯がボールに当たるというのが、安定したスイングができている証拠になります。これが毎回できていれば苦労はしませんが、そんなに簡単にできるわけでもありません。安定したスイングをするために重要となっているのが手首で、右利きのゴルファーの場合、手首が右に折れているとスライスやプッシュアウト、左に折れているとフックやひっかけになってしまいます。これをどうにかするには、スイングの軸を安定させなければいけません。軸をしっかりとさせれば、手首の折れ方でボールの飛ぶ向きが変わるというのも防ぐことができます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます