日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのテクニック「スティール」

バスケのテクニックにスティールがあります。スティールはディフェンスであり攻撃でもあるビッグプレーです。このバスケの重要テクニックである「スティール」を紹介します。

初心者を脱出できたと思ったら

バスケットボールにおいて基礎的な動きはいくつかありますよね。ドリブル、パス、シュートなどの動作を並々こなせるようになったら初心者は脱したということができるでしょう。もしあなたが自分は初心者を脱したと思ったら、次はスティールなんかに挑戦してみてはいかがですか?隙をついて攻守を一気に逆転させるスティールを身に付ければあなたも一気にチームの柱になることができますよ。

スティールといったい何でしょう

あなたはそもそもスティールという技術をご存知ですか?スティールは相手が他のチームメンバーにめがけてだしたパスを横から入ってカットする技術のこと。相手が自分に気づいていない隙をついて行うプレーですから、決まった時はしてやったりという達成感でいっぱいに。相手にとってももっとも嫌なプレーの一つですので、ぜひものにして敵チームに嫌われる選手になってやりましょう。チームの主体としても活躍出来るようになるはずです。

スティールは練習できません

スティールは中々練習するのが難しい技術の一つです。試合や3オン3などの実践を通してしか上達しない技術でありしっかりと技術として身に着けている選手はそうはいないといっていいでしょう。このスティールにおいて重要なのは技術と言うよりかは観察力です。相手がどのタイミングでどの選手にパスを出すのかをしっかりと見極めることができれば逆に初心者でも身に付けることができます。日々人間を観察し誰がどんな動きをするのかよく理解するようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます