日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お正月は着物で過ごそう

お正月ぐらいは着物で過ごしてみるのもいいかもしれません。今ではほとんど着ることがなくたった着物ですが、お正月と同じく日本の伝統的な文化の一つです。着物の基本を紹介します。

意外と簡単!な日本の伝統文化

着てみたいけれど、着物って難しそう……そんなイメージはありませんか? それは私達が洋服に慣れてしまっているおかげでそういう印象があるだけで、必要最低限のことさえ抑えておけば問題はないのです。着物の種類と格、留袖と振り袖、色や柄。他にも、綺麗に着物を着こなすためのテクニックやマナーなんかも抑えていきましょう。

TPOに合わせて着こなす「和」

洋服もそうですが、和服に関してもTPOに合わせて着物を格で選びましょう。留袖や本振袖は礼装という、最上級のものとされており、一般的に結婚式などに参列する親族が身につけるものです。基本的には黒ですが、少し格が下のものならば色留袖もあります。未婚者であれば本振袖が礼装。若いうちにたくさん着たい華やかなものです。正装は、礼装よりも格が下で披露宴やパーティーなどで着用します。違いとしては、肩から胸、袖にかけて人続くの柄が描かれていることです。他にも、ホテルディナーなどに着ていくならもっとカジュアルな小紋などがあります。年始の挨拶に回るなら小紋が最適だといえます。

着物を着るならしっかりマナーを意識

せっかく着物で美しく着飾るなら、しっかりとしたマナーを身につけておきたいところです。歩くときは足が見えないように大股ではなく、小股で。ショールなどは室内に入る前に脱いで置かなければ失礼に当たります。他にも、メイクやネイルなどにも気を使いましょう。普段のメイクだと着物の派手さに負けてしまい、顔色がくすんで見えてしまうことも。ネイルは着物に合わせて、控えめながらも気品あふれるデザインをチョイスしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます