日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドアビレッジを紹介

日本にはアウトドアビレッジという施設があるのをご存知ですか?いったいどんな施設なのでしょうか?アウトドアビレッジという響きだけで楽しそうなのは伝わってきますよね。

アウトドアビレッジって何?

いきなりアウトドアビレッジと言われても何のことなのかピンと来ない人も多いのではないのでしょうか。アウトドアとは英語では「野外」または「外」という意味で、ビレッジは「村」という意味です。これを組み合わせると野外村になり、なんのこっちゃと余計にわからなくなりますよね。アウトドアビレッジとは本来海外の大規模なキャンプ地などで使われる言葉でして、キャンプ地を運営者がキャンプ地の近くに小さなマーケットやレストランなどがあるエリアのことを指します。

日本のアウトドアビレッジ

上述でアウトドアビレッジとはキャンプ地にあるマーケットやレストランがあるエリアのことだと説明いたしました。もちろん日本のキャンプ地にもそのような施設を持った場所があるので、それらをアウトドアビレッジと呼んでもいいと思います。しかし、日本ではそのような用途以外に別の意味でアウトドアビレッジという英語を使っているようです。それは、一体何か。日本で使われているアウトドアビレッジとは、アウトドアアクティビティの体験ができる施設のことを指すようです。

モリパークアウトドアビレッジ

そんな日本のアウトドアビレッジの代表として有名なのが「モリパークアウトドアビレッジ」です。モリパークアウトドアビレッジは東京の奥多摩にあり、そこではロッククライミングやキャンプなどのアウトドアアクティビティを疑似体験できる施設が揃っています。都内に住んでいて遠い地方までアウトドアをしに行く時間や余裕がない人にはもってこいの施設だと思います。東京を出ずに自然を満喫できる体験ができるのはいいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます