日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

おすすめのスキーソックス

スキーソックスのパフォーマンスが低いとブーツによる靴ずれがおきたり、寒さでかじかんでしまいます。速乾性や伸縮性に優れたスキーソックスを選ぶようにしましょう。おすすめの商品を紹介します。

寒さ対策は足元からの見直しを

スキーは、当然の事ながら非常に寒い場所で行います。そのため、寒さ対策はきちんとしなければなりません。体を動かしている間はいいのですが、少し休憩すると、汗が冷えてしまい、あっという間に体温が奪われるからです。この時、初心者にありがちなミスとして、ソックスを適当に選んでしまうということが挙げられます。ソックスを見直すだけで、寒さというのは大きく変わってくるのです。今回は、そんなソックスの重要性について紹介しましょう。

雪に最も近いのはつま先

体の部位で、最も雪に面しているのは、足の裏とつま先です。つまり、体の中で最も最初に冷えやすい箇所がつま先なのです。そんなつま先の寒さは、寒くなればなるほどひどくなっていきます。まず、寒くなっていくとつま先が痛くなってき始め、動かしにくくなります。そして、つま先が冷えることにより体全体が寒さを感じるようになって行くのです。そうならないためにも、つま先を保護して暖かくするというのは重要なのです。

暖かい靴下の他に用意できるもの

つま先の防寒対策はまずソックス選びから始まります。厚手のものを選びましょう。また、厚手のソックスだけでは雪の寒さを軽減するのは難しいので、他にもいろいろ寒さ対策のグッズを探してみましょう。昔ながらの方法で、靴のつま先に唐辛子を仕込むという方法がありますが、これは直に入れるのではなく、ガーゼなどで包んで入れるようにしましょう。そうしなければ、靴の中で唐辛子がバラバラのぐちゃぐちゃになってしまうからです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます