日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのひっかけ対策

ゴルフをやっていてひっかけてしまうことありますよね。そのひっかけ癖になっていませんか。ゴルフでいいスコアーを出すには悪い癖はなくすようにしましょう。ひっかけ対策や原因を紹介します。

抜け出せないひっかけ地獄

おそらく、プロやアマチュア関係なしに苦労するであろうひっかけ。一度ひっかけ癖がでてしまうと、そこから抜けだすのはむずかしいですよね。どうにかしよう、なんとかしようとしているうちに、どんどん深みにハマっていくという人も多いはず。そんなひっかけ癖をなおすための対策を教えます。

フェースの開きに注目

外からクラブを入れる人のほとんどはスライサーです。スライサーの人は、外からクラブをいれる方法で、開いたフェースをなんとかしようとしてしまいます。フェースが戻らない時はスライス、それを解消するためにフックを、というふうなひっかけ地獄にハマってしまう方もいると思います。一度フックがでると、左が怖くなって振りきれないままになり、手が早くなってしまいます。それを解決するには、テークバックでフェースを開きにくくさせるためのグリップをします。左手の中指の拳が見えるところまで、内側に絞るのが目安です。

正しいフェースの向きを覚えてひっかけ対策

テークバックをした時に大切なのは高さ。腰の高さまで上げるのが目安ですが、ここでフェースを開けすぎるのに注意しましょう。腰の高さのところでクラブが開いてしまうと、トップにもってきたときは更に開いて、オーバースイングの原因にもなってしまいます。腰の高さでテークバックした時に、フェースが上半身と平行になるようにしていると、ひっかけを改善することができます。後ろに鏡などをおいたまま自分のフォームを確認しながらやってみるのもいいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます