日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの正しい構え方

ゴルフスイングの基礎中の基礎が構えですよね。この構えが間違いだと全てが間違ってしまいます。正しいゴルフスイングをするには、正しい構えを習得しましょう。ポイントなどを紹介します。

正しい構え方から全てが始まる

ゴルフを始められた方は、ショットを打つときの構え方を身に付けることに重点的に取り組んでいるのでしょうね。その方は、全ては正しい構え方から始まるのだと言わんばかりに、体が正しい構え方を身に付けるまで構え方の練習をしてそうな気がします。今だからこそプロゴルファーとして活躍している方においても、正しい構え方の重要性は熟知しているはずです。

正しい構え方のポイント

ゴルフでの正しい構えにするための大前提として、足の位置がポイントなのだそうです。正しい足の位置を把握したら、前傾姿勢を取って重心を整えるとのこと。このときに腰の位置はキープして、膝は低く曲げ過ぎてはいけないようです。一つ一つの動作に注意さえすれば、理想的な構えがあなたのものになります。正しい構え方を習得して、良いゴルフライフを送ってください!

これであなたもゴルフが上手くなるかも?

では引き続き、ゴルフの構え方について説明していきます。肩幅よりも少し広く構えて、ボールは左足踵内側の線上に置きます。実際に構えてみた上で、自分にピッタリな位置を把握することが大切です。あと、膝を軽く曲げた状態で構えることで、理想的な構えが完成するのだそう。加えて前に屈み過ぎないことにご注意ください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます