日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドアに最適のハットを紹介

アウトドア活動をサポートとしてくれるのがハットです。紫外線や直射日光から頭を守ってくれます。紫外線はお肌の敵ですし、直射日光は熱中症の原因にもなり非常に危険です。アウトドアの活動ではハットを被るようにしましょう。

ファッションと、実用性と

ハット、すなわち、帽子です。アウトドアにおいて、帽子をかぶるというのは様々な利点が存在します。まず第一に、お洒落ができるということ。そして次に、太陽光をさえぎる事ができるということです。ハードなアウトドアにおいて、照りつける太陽というのは体力を容赦なく奪っていきます。特に黒い髪の毛の場合熱が溜まりやすいので、さらに熱がこもってしまうのです。よって、帽子で太陽光をある程度さえぎることで、疲れというのはだいぶ変わります。

帽子のタイプについて

帽子を被るにしても、何が良いのかと思っている方がいるかもしれませんが、実はそんなに大差はありません。何をかぶればいいのかというと、サイズがフィットし、視界の邪魔にならず、太陽光をさえぎるもの。これさえ条件をクリアしていれば、後は何を被っても大してかわりはしません。強いて言うなら、服のコーディネートを考えたものを用意しましょうという事くらいです。また、ぶかぶかな帽子は風で飛ばされやすいですし、小さめの帽子は窮屈で不快なのでやめておきましょう。

雑学、テンガロンハット

テンガロンハットの雑学を紹介しましょう。西部劇などで、カウボーイが被ることでおなじみのテンガロンハットですが、これは10ガロンの水を汲める帽子だという触れ込みで作られました。そして、その名の通り、テンガロンハットで水を汲み、飲むことは充分に可能です。しかし、10ガロンとはリットルであらわすと38リットルであり、帽子一つでは到底足りません。実際にはスペイン語の名前が変化してテンガロンハットになったという説がありますが、真相は不明です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます