日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードのフリーラン

スノーボードにはフリーランと呼ばれる滑り方があります。自分のスノーボードレベルに合わせて自由に滑ることをフリーランといいます。このフリーランは自由度が高いので奥が深いですよ。

フリーランに関する定義について

すでにスノボードをしているボーダーの方なら知っている方も多いかと思いますが、まずはフリーランとは何なのかという点からご紹介していきます。フリーランにはレベルによって範囲に違いはあるものの、一般的に「ただ滑ること」がフリーランの定義です。またフリーランにおける技術力というのは「どれだけ美しく滑る事ができるか」だけではありません。荒れたバーンの場合であっても安定して滑ることができるか、バランスの崩れはどの程度なら立て直すことができるかといった、様々な状況にどれだけ対応できるかといった面も重要となってくるのです。

アプローチにかかる影響

フリーランの技術力というのはトリックに対して大きく影響を与えます。まずはそのトリック中の「アプローチ」に対してかかる影響についてご紹介したいと思います。まずフリーランの技術力がまだ低い状態だと、雪面の状況などに非常に影響されやすく、技術力が高い人なら気にも留めないような場所で安定感を失ってしまいます。技術力の高い人なら例え状況の悪いアプローチであったとしても安定した状態で「抜け」へと繋いでいくことができるので、そこで差ができるのです。

トリックに必要な技術力

トリックに挑戦してみるにあたって、どの程度のフリーラン技術があれば良いのかというのは一概には言えません。ですが、まずは「普通に滑っているだけならまず転んだりすることは無い」というレベルになるのが最低条件です。それ以上の技術力となってくると、自分がチャレンジするトリックやアイテムによって全く違うものになってくるので、自分がやりたいことと自分の技術を照らしあわせて判断してみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます