日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのパスの重要性を紹介

バスケのパスはドリブルと同じく基本のテクニックですよね。バスケのパスはチームを勝利へと導く道標のようなものです。パスのスキルを磨くことで試合の勝率を高めることができます。

バスケ初心者にはドリブルも一苦労です

バスケットボール初心者にとっては、なかなか基本的な動きであるドリブルを満足にすることは難しいですよね。ボールを見ながらでなければ前へと進むこともうまくできず、かといってボールばかり見ていては気づいたら敵にボールを取られてまいます。今回は初心者のあなたのために簡単なドリブルの仕方についてご紹介。この練習法をしっかり自分のものにしていってください。一気に上達を果たし、ライバルと差をつけて行ってやりましょう。

ボールを見ずにドリブルできるようになろう

ドリブル初心者がまず最初に目指すのは、ボールを見ないようにして軽々とドリブルを行えるようになることです。敵を抜き去る華麗な技術も重要ですが、そういった派手な技たちはある程度技術が身についてから行うようにしていきましょう。基礎がなくてはどれほど派手な技術を身につけてもなかなかバスケットボール選手としては成長しません。ある程度の上達を果たすまではまじめにコツコツ練習するようにしましょうね。

どのようにドリブルは練習すればいいのか

ドリブルを上達させるための基本中の基本が、コーンを用いたジグザグドリブルの練習。一定間隔でコーンを並べ、その間を縫うようにしてドリブルを行っていきます。その際注意するべきポイントが決して顔を下げてドリブルをしないこと。ボールを見ずにドリブルできるようになるのが目標ですから、できるだけ顔を上げながらドリブルでコーンの間をくぐり抜けましょう。これを繰り返すだけで、「見ずにドリブル」の最低ラインはクリアできるはずです。

https://www.youtube.com/watch?v=sRWqjKcVqug

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます