日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのドローボールを紹介

ゴルフをやっている人にとってはドローボールは理想の弾道ですよね。ゴルフ初心者のためにこのドローボールとは何かやドローボールの打ち方などを紹介します。参考にしてみてください。

ドローボールってなに?

ドローボールというのは、右に打ち出されたボールが、途中で左に曲がるボールのことをいいます。風に負けない強い球筋のおかげで、飛距離がぐんと伸びるので、ゴルファーからは憧れの弾道となっています。このドローボールを打つためには、ボールに反時計回りの回転をかけることが重要になります。

スイングの軌道は一つだけ!

ドローボールを打つためには、スイングの軌道を目標方向に対してインサイドアウトにしなければいけません。ドローボールにするために必要な反時計回りの回転をかけるためにも、フェースの向きは軌道の向きに対して、軽く閉じていないといけません。軌道がインサイドアウトだったとしても、フェースの向きがスクエアやオープンだった場合、ボールが目標方向よりも右に飛んでいってしまいます。また、軌道がアウトサイドインやまっすぐだった時は、フックになってしまうので気をつけましょう。

動きを体になじませることが大事

ドローボールを打つために、インサイドアウト軌道のスイングを体に覚えさせることが重要です。スライサーのほとんどはアウトサイドイン軌道の方なのでフェースが目標の方向を向いていても、反時計回りの回転がボールにかからないため、ボールは左に曲がることなく右へと飛んでいってしまいます。理論を頭にいれたとしても、それがすぐにできるようになるとは限りません。まずは練習を積み重ねてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます