日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ナイフはアウトドアの必需品

アウトドアの装備で欠かせないのがナイフですよね。物を切ること以外に火を起こすこともできますよ。ナイフは正しい使い方をすれば非常に便利なアイテムです。アウトドアをサポートしてくれます。

ナイフはサバイバルの必需品

所持していると、危険だといわれることの多いナイフですが、アウトドア、とりわけサバイバルにおいて、ナイフのあるなしは大きく違ってきます。ナイフによってできることは実に多く、木を削ったり、木の実を収穫したり、場合によっては野生の動物を狩らなければならないときにも、大変重要になってきます。ナイフは命綱のようなものであり、きちんとしたものを選びましょう。

雑学、昔ながらの火のおこし方

もし、あなたが火を起こしたいけどマッチもライターも無いというとき、ナイフがあるなしで火おこしの難易度はだいぶ変わります。昔ながらの火をおこす方法の際には、火種を作るために木の板時の棒、そして潤滑油、他にも紐などを使用することになります。まず、木の板にナイフで切れ込みを入れ、その切り込みに潤滑油を使い、木の棒で擦り、火種を作ります。そうすれば火をおこすことができるようになります。

絶対にやってはいけないこと

ナイフを使う以上絶対にやってはいけないこと。それはもちろん人に向けて使うことです。サバイバルナイフというのは、非常に頑丈なつくりになっており、品物によっては鉈に近いものも存在します。そんな危険物は、人に使ったら、重症ではすまない場合になるので、冗談でも人に向けて使わないように注意しましょう。もしそれが元でアクシデントが発生した場合、あなたにとっても被害者にとっても、あまり良い結果になることは無いのですから。また、定期的に砥石で絵入れをしておいたほうが、ナイフは長持ちしますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます