日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのダブルクラッチ

バスケットボールのシュートにダブルクラッチというテクニックがあります。このダブルクラッチとは何かバスケの経験のない人にはわかりませんよね。ダブルクラッチとは何かを紹介します。

バスケテクのサマザマなアレコレ

バスケットには様々なテクニックやシュートが存在します。基本とも言われているレイアップやドリブルで相手を撹乱するチェンジ・オブ・ペース。シュートからドリブルまで様々ありますが、ダブルクラッチは中でも有名です。よくバスケ漫画などでも出てくるダブルクラッチ、あなたは一体どんなものかご存じですか?バスケを全く知らない人は、名前しか知らない人が多いと思われます。今回は、そんなバスケテクを紹介していきます。

早い話がすごいフェイントのこと

ダブルクラッチとは何かについて説明しましょう。これはつまりフェイントの一種のようなものです。本来、シュートするときは飛んで、投げて、ゴールに入れます。しかし、それを防ぐためにディフェンスがいます。これを防ぐには、投げる前に一拍おいてタイミングをずらし、ディフェンスのタイミングを狂わせることにあります。このタイミングをずらすことを、ダブルクラッチといいます。つまりはフェイントのようなものですね。口で言うのは簡単ですが、ジャンプ力が要求されるので相当な身体能力を必要とします。

技術は限定したほうが良い?

バスケテクというのは、数え上げれば相当な量のものが存在します。では、それらすべてを覚えれば活躍できるのか?といえば、一概にはそうといえません。テクニックはできても、そのスキルがお粗末だったら大して意味は無いからです。広く浅く覚えるのよりも、狭く深く覚えたほうが時として強力な選手になれることがあるのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます