日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのパットのコツ

ゴルフのパットは非常に重要です。最初よくてもパットが悪ければスコアも当然悪くなります。正しいパットを覚えていいスコアをだしましょう。特にゴルフ初心者の人は参考にしてください。

型のないパッティング

パッティングのアドレスに決まった型はなく、パターの芯にボールが当たって狙った方向へと転がりさえすれば、パッティングのアドレスはなんだって構わないんです。基本のパッティングのアドレスとなっているのは、狙った方向にボールが転がることですが、一番いいのはスムーズにストロークのできるパッティングアドレスです。基本を忠実に再現するパッティングのアドレスをするのもいいですが、最終的には、自分がこれだと思うパッティングを選ぶのがいいでしょう。

パッティングの時の握り方

プロの選手は、似ているようで違うパッティングのグリップをしています。その中で一番使われているのが、逆オーバーラッピングという握り方です。これは左手の人差し指を、右手の小指にのせる握り方で、パッティングのグリップとしてはこれが基本となっています。次に多いのがクロスハンド。この握り方の特徴は、手が逆になるおかげで、肩が水平になり、スクエアに構えた時に左手の手首が固定され、フォローも低く出せることです。

パッティングの打ち方は?

パターのフェースの向きがちゃんと目標に向けられていることや、アドレスがしっかりとできていることを確認してから打つのが基本です。パッティングの打ち方としては、腕の五角形を崩さないように、手や腕ではなく、大きな筋肉を使う感覚で打つことが大事です。この時、手首の力は使わないようにしましょう。テークバックはまっすぐに引いて、フォローもまっすぐ出し、頭を動かなさいようにしてください。テークバックを小さくすることで、打ったボールにこめる力が強まります。これすべてを、一定のリズムでやってみると、体になじむのも早いですよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます