日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

テニス上達のコツを紹介

テニスを上手くなりたい人のために上達するコツを紹介します。コツを掴めばみるみるテニスの技術が上達しますよ。打ち方や打点のコツなどを紹介します。参考にしてみてください。

サーブがうまくなる意外なコツ

サーブはテニスにおいて最も重要な技術の一つです。サーブができないとちゃんとした試合にすらなりません。いいサーブが打てる様になると、それだけで試合を優位に運ぶこともできます。でも、いいサーブを安定的に打つのは中々難しいですよね。実は安定的に打てる意外なコツがあります。それはトスアップです。ラケットをどう振るかではなくトスアップが重要なんです。トスアップが安定すると同じフォームでサーブが打てるので、サーブが安定しますよ。

フォアハンドのコツを覚えよう

フォアハンドはテニスを始める際に一番最初に習得する技術ではないでしょうか。打ち方を知らない初心者がボールを返そうとする時も、フォームはどうであれ自然とフォアハンドになりますよね。テニスの中でも最も使用頻度が高い基礎中の基礎のフォアハンドですが、基礎であるからこそ上達させることが重要です。フォアハンドのコツは打点を自分の体の前にすることです。こうすることでボールに力が無理なく入り、コースも安定しますよ。

初心者には難しいバックハンドのコツ

バックハンドはテニスの基本的な技術の一つですが、バックハンドの習得に頭を悩ます初心者の方もたくさんいます。ある程度の経験があってもバックハンドは苦手という方は多いのではないのでしょうか。バックハンドが苦手感じている方には共通点がります。それは体の軸がブレている点です。フォアハンドと違い体を捻って打つので、体の軸がブレやすくなります。体の軸を安定させるために、重心の移動を意識してみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます