日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スケートの国別対抗戦とは

スケートの国別対抗戦は、フィギュアスケートとアイスのダンスの国際大会です。この国別対抗戦の概要や順位の決定方法などを詳しく紹介していきます。日本のスケート選手が国の誇りを背負って参加しています。

氷の上で行われるアツい戦い

フィギュアスケートといえば、なんてったってダンスです。優雅に滑り、舞い、観客を魅了する。見ている側としたら実に優雅で美しいものです。一面真っ白なスケートリンクで踊るさまは、まさに涼し気な美を醸し出しています。しかし、実際に踊る側となると、それはもう非常にアツい戦いの場となるのです。国別対抗戦。それは、国の誇りをかけた戦いでもあるのです。

世界フィギュアスケート国別対抗戦とは

世界フィギュアスケート国別対抗戦とは、その名の通りフィギュアスケートの国別対抗戦です。2009年から始まったこの大会は、主に日本で行われ、全世界からトップクラスのプレーヤーが集います。なお、公益財団法人日本スケート連盟の公式サイトでは、試合観戦に当たり様々な注意点を呼びかけています。とくに注意しているのは服装だったりします。なぜなら、フィギュアスケートの舞台なので館内は非常に寒いからです。

採点基準~見どころについて~

フィギュアスケートとは、ただ難しい技を連発すれば高得点というわけではありません。意外と知られていませんが、フィギュアスケートの採点には、きちんとした基準があります。まず、スケート技術。これは高難易度の技を美しく出せるかといった点を見られます。次に、技のつなぎが違和感ないかというところです。一連の動きに不自然さがないかといったところが見られます。他にも、振付や曲の解釈と表現をきちんと出来ているかという面も見られるのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます