日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボード検定を受けよう

スノーボードにも検定があります。スノーボードバッジテストと呼ばれています。この検定を受けることで自分のスノーボードの技術がどのくらいなのかを図ることができます。一度受けてみましょう。

スノボーの腕前の証明になる検定資格

世の中には様々な検定資格があります。誰もが一度は受験したことのある漢字検定や英語検定から、専門的な知識が問われる会計検定などがあります。そして、もちろんスポーツの世界にも検定は存在しています。スノボーもJSBA(日本スノーボード協会)が運営している検定試験が存在します。自分のスノボーの腕を確かめるために受験してみてはいかがでしょうか。

検定試験当日の流れを解説

スノボーの検定試験の当日の流れはどのようになっているのでしょうか?少しでも実際のイメージをつかめるように解説したいと思います。当日は指定された時間までに検定試験の開催会場までいきます。実技試験の前に試験を受ける際のポイントを解説してくれます。そして実技試験が始まります。試験会場によっては試験中のビデオを見ることができます。自分の滑りをチェックできるいい機会です。そして、その後に合否判定が言い渡されます。少しはイメージできるようになったでしょうか。

検定を取得する理由や動機とは

ボーダーの方はなぜ検定試験を受けるのでしょうか。一つは自分の腕前の証明やモチベーションに関わってきます。やはり試験などの障害があると目標を立てやすいですし、上達も早いです。また、プロのボーダーやインストラクターになるには検定試験は避けられないものです。プロになるにはもちろん一級の資格が最低条件です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます