日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スノーボードのお手入れにホットワックス

スノーボードで気持ちよく滑るにはホットワックスによるメンテナンスが必要です。ホットワックスのかけ方やタイミングなどを紹介します。これをやらないとスノーボードは始まりません。

メンテナンスができるかどうか

トップアスリートのほとんどは、物を大事に扱っています。有名なところではメジャーリーガーのイチロー選手です。彼は子供の頃から大事にバットやグラブを扱っていることで有名であり、その心構えが彼をトッププレーヤーとして君臨させている原因の一つかもしれません。もし、あなたがスノーボードを真剣に取り組んでいるなら、ボードのメンテナンスは自分でできるようになっておきましょう。

ホットワックスでメンテナンスを

スノーボードをメンテナンスするときは、ホットワックスを使ってメンテナンスします。このワックスをきちんとかけていないと、ボードは雪の上を滑りません。そのため、素早く滑りたいのであれば、定期的なワックスがけを怠らないようにしましょう。まず、ビンディングのビスをゆるめ、ワックスリムーバーをティッシュをつかて塗ります。そののち、またティッシュで乾拭きをし、ホットワックスを塗ります。その後、アイロンでワックスを浸透させていきます。

余分なワックスを拭き取る作業

ホットワックスを塗りたくり、一休みしたら今度は余分なワックスを拭き取ります。浸透している分だけで重文庫化があり、それ以上のワックスは不要となるからです。これは、ナイトンとブラシでブラッシングして余分な分をボードからはがしていく感じで大丈夫です。インターネットで検索するとより詳しい情報が出るので、検索してみましょう。本格的なメンテナンスは、もっと工程があるそうですよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます