日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのコートの知識

バスケットボールのコートの大きさを知っていますか?またコートに書かれているラインはどのような意味があるのでしょうか。バスケのコートについて紹介します。参考にしてください。

シュートをする際の心理学

バスケットとは、ボールをゴールに入れるスポーツです。しかし、そのゴールは非常に狭く、サッカーやハンドボールとは比較にならないほどの狭さです。そのため、最初のうちはなかなかゴールが決まらないという人もいるのではないでしょうか。そんな人のために、今回は心理的な面からのアドバイスをしていきましょう。人というのはいい加減なもので、心持ち一つで風邪にもなるし、健康になるものなのです。そんな心理面を克服すれば、スランプは脱出できますよ。

バスケのゴールは本当に狭い?

バスケのゴールはサッカーやハンドボールのゴールに比べると、たしかに狭いです。しかし、だからといって本当に狭いかどうかというのは別です。ゴールの直径とボールの直径を比べてみると、ゴールの広さはボールの約二倍もあるのです。つまり、ボール1つの広さかと思えば、結構な余裕が有るのです。そう思うと、狭さはあまり感じないかもしれません。

コートが狭い=チャンスが多い

また、ゴールではなく、コートの狭さも見てみましょう。サッカーのフィールドとバスケのコートを比較すると、明らかにバスケのコートのほうが狭いです。また、サッカーはあんなにゴールの幅が広いにもかかわらず、ゴールの数は極端に少ないです。これは、チャンスの多さを表しています。バスケはコートが狭い文、攻撃のチャンスが多く、1試合に何度でもチャレンジできるのです。つまり、失敗してもすぐやり直しが効き、失敗を挽回できるということなのです。なので、何度もチャレンジして、ゴールを決めましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます