日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのコッキングを説明

ゴルフでのコッキングを知っていますか。飛距離を出すのに必要なようですよ。このゴルフにおけるコッキングの意味や正しいやり方などを紹介します。飛距離がでなくて悩んでいる方は参考にしてください。

そもそもコッキングって何?

コッキングとはグリップした状態から左手首を親指方向に曲げた状態を言います。少しだけですが、手の甲側にも曲がるのが正しいフォームです。コックの悪い例として左腕が地面と並行担っている状態はコックが入っていないのでボールは遠くに飛びません。コックの簡単な練習方法としてバットや重たいものを素振りに使うといいです。重たいものを素振りに使うと手首が鍛えられ正しいフォームが取りやすくなります。

正しい手順でコッキング

コックの取り方がわからない人でもこの手順でやれば簡単にコックの入ったフォームができます。まず最初に普段通りにアドレスを取ります。そのままゆっくりテークバックし、左腕が地面と並行なった時点でバットと地面が垂直になっていればコックが入った正しい形です。鏡の前でやるとわかりやすくていいかもですね。先ほどの状態から両手の力を緩めグリップエンドを地面方向にストンと落とせるようになればヘッドスピードが飛躍的に伸びているでしょう。

ノーコック打法は怪我をしますよ

よくアメリカの選手が自分はコックを使わずにボールを打っていると言っている方がいますが現実的な話、無理なんですよコック無しで打つことは。女性の方がゴリフするときにコックを使ってはいけないと指導される方がいますがそれは怪我につながるのでやめてあげてください。女性の方や年配の方はフルでコックを使うだけで自分の筋力を使わずともボールは飛んで行くようになります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます