日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのロストボール対策

ゴルフにはロストボールというペナルティがあります。このロストボールを受けてしまうとスコアに大きく影響します。ゴルフではロストボール対策がゲームを制する鍵であることは言うまでもありませんね。

ロストボールによるペナルティ

ショットを打ったときに、探し出すのが困難な場所にゴルフボールが着地してしまうことが起こるのは致し方ありません。場合によっては、ボールが見つけられずにロストボールになってしまうこともあり得ます。もしロストボールとなってしまったら、最後にショットを打った場所からゲームを再開しなければいけなくなってしまいます。

ロストボールになる可能性を減らすために

多くのゴルフプレイヤーは、自分が打ったショットがロストボールになる可能性を減らすという意味でも、ボールの行方をしっかり見極めようとすることでしょう。ちゃんとボールがどこに向かっていくのかを確認できれば、入り組んだ場所にボールが入り込んだとしても探すのに多大な時間を取られることが少なくなります。因みにボールを探す時間は5分以内と定められていて、それを越えるとロストボールになってしまいますので、ゴルフをされる方はご注意ください。

大きなペナルティに対しても動じない精神で

ロストボールは1打罰のペナルティが課せられるため、ロストボールを出してしまったショット地点からの仕切り直しも含めて、合計2打も多く打った状態からのスタートを余儀なくされてしまいます。もし自分がロストボールを出してしまったらどうしようとお考えのゴルフプレイヤーの方が割と多く居るのではと私は感じています。ロストボールのペナルティは大きいですが、ロストボールを出してしまっても冷静でいられるかが、その後の展開を左右すると言っても過言ではありません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます