日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

スキーのポールの選び方

スキーのポール・スットクの選び方やおすすめのものを紹介します。長さや素材が違うポールがたくさんあります。自分にあったポールは選びましょう。初心者スキーヤーは参考にしてください。

まずは自分にあった長さを選ぶ

ポール・ストックを選ぶ際に最も大切なのは自分に合った長さのものを選ぶことです。大人のスキーヤーの方なら、一般的に身長の70%程度がおおよその目安となっています。とは言っても長さに関しては「このサイズであるべき」というものは無いので、迷った場合は長めのものを選ぶと良いでしょう。短くする分には後からカットすることができます。

上級者と一般の人での長さの違い

自分の身長の70%程度の長さを目安に選ぶのが一般的と言いましたが、上級者の方と一般の方ではその長さを選ぶ基準が多少異なってきます。まず上級者の方の場合、板がズレることなくターンすることができるため目安の長さよりも短めのものを選ぶことが多いようです。一般の方でしたら先ほど紹介した選び方で問題ありません。短めのものを選んでも問題はありませんが、慣れないうちは長めのものの方が体勢を楽に維持できます。

子供のためのサイズ選び

一般的な大人のスキーヤーの場合を例にご紹介してきましたが、家族でスキーを楽しみたい場合には子供のポール・ストックを選ぶ必要もあります。そんな時のために子供のための長さの基準をご紹介します。まず大人の場合は身長の70%をおおよその目安としていましたが、子供の場合は70%から73%を目安にした方が体勢を維持することが楽になります。具体的にはポール・ストックを持って立った時に、ヒジが軽く曲がる程度です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます