日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

英語を習得して海外ゴルフ

海外でゴルフをするためには英語を学んでおくべきですよね。石川遼プロも英語を習得していましたよね。また、日本では当たり前のように使っているゴルフ用語の中にも正しくない英語がありますよ。

英語は新たな自分を見出すための拠り所

近々海外でゴルフをしようと思っている方は、日々のゴルフの練習と平行して、英語力を高めることも熱心に取り組んでいることでしょう。その方は、いかにも海外が自分を待っているかのようなワクワク感を抱いているのではないですか?勝負の場を海外に移すことで、今までに無い充実したゴルフライフが展開することを見越しているのでしょうね。

ナイスショットは誤り?

ゴルフプレイヤーは良いショットが打てた瞬間に、ナイスショット!とおっしゃるのが多々あるのではないでしょうか?しかし、その言葉が海外では誤りなようでして、正しくは、グッドショット!なのだそう。これは意外じゃないですかね。同じような意味なのに、海外ではニュアンスが随分違ってくるのだと感じさせますよ。私は、英語の奥深さを思い知らされたと感じずにはいられません。

ホールの呼び方についての注意点

皆さんは、ホールの呼び方はどうされていますか?ミドルホールとおっしゃる方が居るかもしれませんが、どうやらその言い方は正しくないそうです。ミドルは真ん中という意味を指すためでして、パー3、もしくはパー4などと呼ぶのが正しいとのこと。今まで違和感無くミドルホールと言っていた方は、この機会にゴルフでの正しいホールの呼び方を身に付けてください。私達日本人にとっての英語は、勘違いのし易い言語なのかもしれませんね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます