日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのドリブルの練習方法

バスケの基礎中の基礎がドリブルですよね。このドリブルの練習方法はたくさんあります。バスケを始めたときに誰もが最初に教わるテクニックですよね。ドリブルの練習方法を紹介します。

基本を極める。それすなわち全てを極める

基本はなぜ基本と言われているのか。それは、非常に大事なものだからです。例えば、数学だと足し算引き算のことを知っていなければ因数分解などは理解できません。それと同じく、基本は物事のみ気になるものであり、基本をサボってしまうといくら応用を学んでも意味がありません。基本をとことん極めることこそ、他の技術が生きてくるのです。

基本中の基本、ドリブル

バスケの基本といえば何があるでしょうか。そう、ドリブルです。ボールを持って走ったら販促ですが、ドリブルをならば移動可能です。しかし、ドリブルが下手な場合、簡単にボールは奪われますし、移動スピードも大幅に遅くなります。しかし、逆に言えばドリブルを極めれば的にボールを奪われることなく、普通に走るようにボールを持ったまま移動できるようになるのです。

練習方法は、ひたすら反復練習

基本の練習方法というのは、実に地味です。ひたすら反復練習であり、代わり映えのない練習を毎日毎日積み重ねなければなりません。しかし、この辛さと退屈さを乗り越えた先には、上達の道があるのです。この練習の際、ただ漠然とするのではなく、意識して練習すると、上達スピードは大幅に変わります。きちんと一定間隔か、もう少し早く動くにはどうすればいいか。そんなことを考えて基礎練習に励みましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます